合成樹脂製包裝資材のメーカー?商社の導入事例|株式會社城北商會様 システム導入事例

製造?流通 製造?流通

システム導入事例株式會社城北商會 様

  • CROSS-OVER
  • ECサイト作成
  • 販売管理?在庫管理

城北商會様システム導入事例特注品の製造指示をシステム化し、殘業時間は約1/6に
注文リピート率7割のECサイト構築で、売上も向上

導入の背景

特注品の複雑な製造指示書の作成と、基幹システムへの入力という二度手間に苦労

城北商會は東京都荒川區に本社?工場を構える、合成樹脂製包裝資材のメーカー兼商社。1962年の創業以來、ポリプロピレンフィルム製(OPP?CPP)のサイドシール袋の製造を手掛けてきた。同社では一般的なショッピングバッグやアルミ蒸著を施した袋などの製品卸売のほか、コンサートや映畫のグッズ販売に使われる、印刷を施した特注の袋の企畫にも攜わっている。

城北商會様システム導入事例

特注品は袋の厚み?穴の大きさなど、ミリ単位でオーダーされるため、製造指示が複雑になる。製造部課長の宮本慎太郎氏は言う。「當社では十數年前に特注で開発した、製造指示書を出力するシステムと、パッケージの基幹システムを使用していました。特注品の製造指示を30箇所入力し、出力された製造指示書をもとに基幹システムへ手入力するという二度手間が発生していたのです。基幹システムは業界に特化しているものではなく、製造指示內容を1行の項目に無理やり記號化するなどして入力していました。さらに、製造指示書の作成システムも古くなり、原因不明のエラーを起こすように。當時のベンダーはなくなってしまい、恐る恐る使い続けていました」

そこで相談したのが、以前からECサイト制作を依頼していたアイルだった。宮本里美社長は言う。「アイルの擔當者には、毎月の定例會でECサイトのレポートを共有してもらっていて、提案內容やレスポンスの早さに信頼がありました。以前一度『アラジンオフィス』を紹介してもらっていたことが印象強く、迷わずお聲かけしました」

導入の効果

30項目の製造指示入力をカスタマイズ
伝票量が増えるなか、殘業は約1/6に

城北商會様システム導入事例

2017年3月、「アラジンオフィス」の導入が決定。導入に際しては、同社の屬人的になっていた業務フローを整理する必要があった。
宮本社長は言う。「長年、営業と総務があうんの呼吸で仕事をしてきたような部分が多く、システムが変わるとなると要望が多い。皆から聞いていたらキリがないと考えていましたが、アイルのエンジニアが一人ひとりにヒアリングして、整理してくれました。全員が要望を言えた安心感があり、システムができるまでの過程を大切にしてくれて感謝しています」

システムが無事に稼働後は、「アラジンオフィス」1つで工場への製造指示入力と工場での參照が可能になり、紙でのやり取りや入力の二度手間が解消された。カスタマイズにより、同社に合わせて製造指示の入力項目を設置している。

また、現在は在庫狀況を毎日一覧で參照できるので、當日出荷が基本である規格品の製造スケジュールも効率的にたてられている。

宮本社長は、「長年の取引先様からは電話注文時に品番のみ伝えられることも多く、新人擔當者はまず受注履歴を検索する必要がありました。現在は受注入力時に、得意先コードに紐づいて過去の履歴や配送の特記などが表示されるので、時間短縮になっています」と話す。

結果、以前まで屬人的だった業務がオープンに。以前と比較し売上も伝票數も増えているなか、毎月の殘業時間は1/6ほどに削減。ほぼ定時で退社できているという。

1,000點の商品を分かりやすく見せるECサイトで、ECの年間売上は約60倍、注文リピート率は7割に

同社とアイルの出會いは、2012年8月に自社ECサイトを開設しようという話が持ち上がったことがきっかけだった。當時はECサイトを持つ同業他社がほとんど存在しなかっただけに、お手本とすべき事例もない。まずは相談だけでも、と聲をかけたのが、Webサイト?ECサイト制作サービスも行っているアイルだった。

同社の規格品は1,000點に上るため、顧客が求める商品を手間なく探せるサイト構成が課題だった。アイルの擔當者に相談すると、見せられたのは過去にアイルで制作した“ねじ販売企業”のECサイト。「當社同様に商品數が多く、マトリックス狀に商品を見せる工夫をした事例で、具體的な提案をもらえて助かりました」と宮本社長は振り返る。

城北商會様システム導入事例

ECサイトの公開後は、當初こそ1日に數件程度の注文數だったものの、展示會での宣伝やアイル提案で行ったWeb広告などにより、徐々に注文を獲得。現在では、ECサイトの売上が全社売上の十數パーセントを占めるまでになった。立ち上げ當初から比較して、ECサイトの年間売上は60倍ほど成長。「注文リピート率は7割に上り、取引先からサイトが見やすいとのお聲も多い。ECサイトでの規格品の購入から始まり、特注品のオーダーをいただくこともあります。現在では引き合いが増えたため、新規の営業がなかなかできない狀態です」と宮本社長は話す。
2019年8月現在、アイルとともにコーポレートサイトのリニューアルも進めている。「より理念の伝わるサイトに」と、アイル擔當者と毎日連絡を取り合っているという。

今後の展開

サービスの過程を重視するアイルの対応が、自社の誠実な社風にマッチ

城北商會様システム導入事例

ECサイトの構築から「アラジンオフィス」の導入を経て、足掛け7年にわたって続いてきた城北商會とアイルのリレーションシップ。宮本社長は言う。「システムの移行には不安もありました。しかし、アイルのエンジニアの方が來社してくれると、社員が抱えている不安や疑問が次々に解消されていったのです。社員からは“アイルさん、次はいつ來てくれるのですか?”という聲が上がるくらい。営業の方はレスポンスが早く安心感があり、必要なときは、自社の社員かのように上手く社內の調整役になってくれます」

ECサイトからの新規取引先の増大と、「アラジンオフィス」を導入したことによる業務効率化で、著実に売上を伸ばしている城北商會。しかし、「売上を上げること以上に、適正価格で、高品質な商品を丁寧に屆けることを第一に考えている」と宮本社長は語る。同社の誠実な対応に、取引先からお禮狀が屆くこともあるという。
商品カタログの1ページ目に綴るキャッチコピーは、「綺麗な包裝が商品価値になる」。

城北商會様システム導入事例

宮本慎太郎氏は、「包裝資材を取り扱う當社だからこそ、販売時の包裝を大切に考えています。パッケージで商品を美しく見せることは、創業者の思いでもありました。その原點を忘れないよう、このコピーは社員にもしつこいほどに言って聞かせています」と語る。
このキャッチコピーは、同社の理念を表すフレーズを考えるなかで、アイルのWeb制作擔當者と生まれた言葉だ。サービスが屆く過程を大切に考え、誠実さを重視する同社の姿勢は、アイルの対応にも通じている。
昨今は合成樹脂製の包裝資材業界が大きな変革期を迎えているが、同社の新たな挑戦やさらなる発展につながるよう、今後もアイルが支えていく。


※ 記事中の固有名詞?肩書などは、記事作成當時のものです。

アイルの擔當者紹介

  • システムソリューション部

    山﨑 登志生

會社概要

その他の製造?流通業の事例

資料請求?お問合せ

株式會社城北商會様システム導入事例│販売管理?在庫管理?生産管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫管理?販売管理?生産管理システムをご提供しています。在庫管理?販売管理?生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理?販売管理?生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放
榕江县| 南丹县| 威远县| 上高县| 鲜城| 上虞市| 灵川县| 南木林县| 德兴市| 调兵山市|